N10-006 問題トレーリング & N10-006 キャリアパス

 

NO.1 A T1 line has lost connectivity to the ISP. The ISP has instructed the technician to place a
loopback on a device connecting the T1 line to their central office.
On which of the following devices will the technician implement the loopback?
A. Fiber optic modem
B. Channel service unit
C. Digital subscriber line modem
D. Channel remote module
Answer: B

N10-006 学習   N10-006 クラムメディア   

NO.2 A desktop computer is connected to the network and receives an APIPA address but is unable
to reach the VLAN
gateway of 10.10.100.254. Other PCs in the VLAN subnet are able to reach the Internet. Which of the
following is
MOST likely the source of the problem?
A. Bad SFP in the PC's 10/100 NIC
B. OS updates havenot been installed
C. 802.1q is not configured on the switch port
D. APIPA has been misconfigured on the VLAN
Answer: C
Explanation:
APIPA addresses are self-configured and are used when the client is unable to get proper IP
configuration from a
DHCP server. One possible source of this problem is that switch port, to which the computer is
connected, is
misconfigured. The 802.1q protocol is used to configure VLAN trunking on switch ports.

NO.3 A technician is configuring a managed switch and needs to enable 802.3af. Which of the
following should the
technician enable?
A. PoE
B. Port bonding
C. Trunking
D. VLAN
Answer: A

N10-006 通信   
Explanation:
Power over Ethernet (PoE) is defined by the IEEE 802.3af and 802.3at standards.
PoE allows an Ethernet switch to provide power to an attached device (for example, a wireless access
point, security
camera, orIP phone) by applying power to the same wires in a UTP cable that are used to transmit
and receive data.

NO.4 A technician wants to securely manage several remote network devices. Which of the
following should be
implemented to securely manage the devices?
A. IPv6
B. SNMPv3
C. WPA2
D. RIPv2
Answer: B
Explanation:
To manage the remote network devices we need to use a network management protocol. SNMP has
become the de
facto standard of network management protocols. The security weaknesses of SNMPv1 and SNMPv2c
are addressed
inSNMPv3.

受験生の皆様にもっと多くの助けを差し上げるために、JapanCert のCompTIAのN10-006 問題トレーリングはインターネットであなたの緊張を解消することができます。N10-006 問題トレーリング 勉強資料は公式CompTIAのN10-006 問題トレーリング授業 、CompTIAのN10-006 問題トレーリング 自習ガイド、CompTIAのN10-006 問題トレーリング の試験と実践やCompTIAのN10-006 問題トレーリングなどに含まれています。JapanCert がデザインしたCompTIAのN10-006 問題トレーリングパッケージはあなたが楽に試験に合格することを助けます。JapanCertの勉強資料を手に入れたら、指示に従えば N10-006 問題トレーリングに受かることはたやすくなります。

JapanCertは多くの認証業界の評判を持っています。それは我々はCompTIAのN10-006 問題トレーリングやN10-006 問題トレーリングスタディガイドやN10-006 問題トレーリングと解答がたくさんありますから。現在のサイトで最もプロなITテストベンダーとして我々は完璧なアフターサービスを提供します。全てのお客様に追跡サービスを差し上げますから、あなたが買ったあとの一年間で、弊社は全てのお客様に問題集のアップグレードを無料に提供します。その間で認定テストセンターのCompTIAのN10-006 問題トレーリングは修正とか表示されたら、無料にお客様に保護して差し上げます。CompTIAのN10-006 問題トレーリングはJapanCertのIT領域の専門家が心を込めて研究したものですから、JapanCertのCompTIAのN10-006 問題トレーリングを手に入れると、あなたが美しい明日を迎えることと信じています。

N10-006試験番号:N10-006 受験トレーリング
試験科目:「CompTIA Network+ certification」
最近更新時間:2017-06-11
問題と解答:462

>> N10-006 受験トレーリング

 

JapanCertは最新の210-260問題集と高品質の300-320問題と回答を提供します。JapanCertのCFE VCEテストエンジンとHPE6-A41試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の1z1-588 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.japancert.com/N10-006.html